2020年

 

世界に感動を届けるオリンピック。いよいよ、2年後には東京へ!

 

1998年の長野冬季オリンピック以来22年ぶりに、

日本でオリンピックが開催されます。

 

東京でのオリンピックが、

世界中の人の心に「素敵な記憶」として刻まれることを、

 

多くの人たちが願っているはずです。

 

 

 

 

しかし近年、日本各地で観測史上最高気温を記録し

熱中症で搬送される人が相次ぎました。

 

2020年の東京五輪は、

都内が最も暑くなる7月から8月にかけて開催が計画されています。

 

イギリスのタイムズ紙「東京五輪では熱中症で死亡する危険がある」

 

今年8月には、東京の最高気温は38度を記録しました。

 

日本を含め、ここ数週間は世界各地を熱波が襲っています。

西日本の集中豪雨による被害避難生活を強いられている

 

被災者にとっては、命にかかわる暑さになっています。

 

 

この熱波による影響で、

 

「2020年の東京オリンピックはこんな暑さの中で開催しては危険」

「秋に開催するべき」

という声がSNSを中心に大きく広がっています。

 

 

日本だけではなく、海外からも心配の声が・・・。

 

 

もしも、東京五輪で気温38℃、もしくはそれ以上の中で行われることになれば、

 

選手にとっては暑さとの戦いになることは確実です。

 

五輪期間の最高気温が「○○℃」!?!?!?

 

 

さて、2020年の夏は、最高気温はどのくらい上がるのでしょうか。

東京オリンピックの開催期間は、

2020年(平成32年)7月24日(金)~8月9日(日)の予定です。

 

今年の最高気温をあてはめると

 

開会式33.9℃

女子マラソン35.1℃

男子マラソンは予想では32.0℃

 

さらに多くの気象関係の方が、

2020年は現在の夏よりさらに厳しくなると予想しています。

 

 

五輪で最も暑さの危険にさらされる競技は

 

「マラソン」

 

マラソンの一般的な適温は10~13℃。

 

そして、気温だけではなく

「アスファルトの照り返し」にも注意が必要です。

 

実は、体感温度は約4~5℃くらいとなっています。

 

女子マラソンが行われる日は、35.1度と予想されているので

約40度前後の気温が、長時間選手たちを襲うわけです。

 

 

とくに外国人選手は湿度に慣れていないため

棄権者が出るのではないでしょうか。

 

夏にこだわるある理由・・・

 

SNSでも話題になっている通り

過ごしやすい季節にできなかったのでしょうか。

 

 

国際オリンピック委員会(IOC)が夏にこだわる理由とは、

「欧米のテレビスケジュールの関係」でそのように決まったそうです。

 

秋にほかのスポーツの世界大会があることから、

時期が重なるのを避けたいという考えからです。

 

今のところ時期を変更するという議論は起きていません。

変更の可能性はかなり低そうです。

 

2020年の夏は、一体どうなってしまうのでしょうか。

 

暖夏ではなく、冷夏にもなりゆるかもしれません。

 

ですが、残念なことに、

異常気象だったり

地球が悲鳴をあげていることには、変わりないようです。

 

 

 

この危険な暑さが生死に関わることであり、対策が重要であります。

屋内屋外問わず、暑い日は無理をせず、

日頃からこまめな水分補給・塩分補給はもちろん

 

規則正しい生活を送れるよう、気をつけていきましょう。