地球にそっくりな惑星!?

地球にそっくりな星!

が見つかったとアメリカのNASA=航空宇宙局が発表したそうです。

出典:wonderslist

名前は【ケプラー186f】 地球とほぼ同じ大きさで、水が液体の状態で存在する可能性があるそうです。

位置は白鳥座の方向、地球との距離は光の速さでおよそ500年離れていて、地球でいうと太陽に当たる恒星の回りを、約130日の周期で公転しています。
恒星からの距離が適度に離れていることで水が液体の状態で存在することができ、地球に似ている為、生命体の居住が可能な惑星だということです。

地球に似た惑星はこれまでも見つかっていますが、恒星からの距離が近すぎたり大きさが違ったりする為、今回の惑星が地球に最もよく似ているそうです。
NASAは「地球のいとこ」と例えました。
「地球の双子」が見つかったらすごいですよね。

今回発表をしたケプラー宇宙望遠鏡は2009年の5月に、NASA史上初の「地球以外に生命が生存可能な惑星を探すミッション」として発足しました。
これまでに発見された惑星の数はおよそ1700個。 さらに、今回新しく発見された715個の惑星のうち4つは、それぞれの恒星から適度な距離で、生命が誕生するのに適した温度が保たれているそうです。

 

 

出典:gigazine.net

 

 

だからといって唯一無二の地球というきれいな星を、簡単に汚してしまっていいのでしょうか。使えなくなったら次の星、ではないですよね。

私達の自慢の”地球”をそれぞれがむねを張って守れるといいですね。

ちなみに今地球の周りには、使われなくなった衛星などのゴミで覆われています・・・

SNSでもご購読できます。