PM2.5


「PM2.5環境相が警戒呼び掛け」
という気になるニュースを見かけました。

数年前からよく耳にする様になった「PM2.5」を詳しく知っていますか?
北京オリンピックの時に話題になりましたね。

「PM2.5」というのは、
工場からの廃棄物や自動車の排気ガスなどによる目に見えない有害物質の事です。

これらが空気中に大量に紛れ込んで知らないうちに有毒物質をたくさん吸い込んでしまうと、肺の奥深くまで入り込み、気管支炎や肺ガンなどのリスクが高まるのです。

どこに居ても喫煙所の中で呼吸している状態というと想像しやすいですね。

昔日本では『公害問題』として規制が行われていました。その結果今でも厳しく規制され、「汚染負荷負担料」として大気汚染の原因となる排出ガスに対して、課徴金を掛けるなどしています。

ところが近年日本で問題になっているPM2.5というのは、お隣の国、中国からきているものです。
中国の何かを変える事はできないし、風という自然の力で飛んで来る有毒物質に対して何もできないのが現状です。

私達は自分たちの身を守る事しかできないのです。

PM2.5の対策・・・
・インターネット・テレビなどの情報を見る。
・高いときは外出を控える。
・外出するときはPM2.5様のマスクを着用。
・屋内に入ったら手洗いうがいは絶対。
・屋内ではPM2.5対応の空気清浄機を使用する。

PM2.5は微小粒子状物質と言われ、ほこりや花粉より小さい為、マスクも空気清浄機も「PM2.5対応」という物が売られています。通常の物では対処でいきないのです。

かつて公害問題に脅かされその経験を小学校から教わる私達日本は二度と同じ事は繰り返したくないですね。
どうかお隣の国にも伝わって欲しいですね。
私達はまず大切な人と自分の身を守りましょう。

SNSでもご購読できます。