地球温暖化

2020年の東京五輪。最高気温が「大変」なことに。

 

 

2020年

 

世界に感動を届けるオリンピック。いよいよ、2年後には東京へ!

 

1998年の長野冬季オリンピック以来22年ぶりに、

日本でオリンピックが開催されます。

 

東京でのオリンピックが、

世界中の人の心に「素敵な記憶」として刻まれることを、

 

多くの人たちが願っているはずです。

 

 

 

 

しかし近年、日本各地で観測史上最高気温を記録し

熱中症で搬送される人が相次ぎました。

 

2020年の東京五輪は、

都内が最も暑くなる7月から8月にかけて開催が計画されています。

 

イギリスのタイムズ紙「東京五輪では熱中症で死亡する危険がある」

 

今年8月には、東京の最高気温は38度を記録しました。

 

日本を含め、ここ数週間は世界各地を熱波が襲っています。

西日本の集中豪雨による被害避難生活を強いられている

 

被災者にとっては、命にかかわる暑さになっています。

 

 

この熱波による影響で、

 

「2020年の東京オリンピックはこんな暑さの中で開催しては危険」

「秋に開催するべき」

という声がSNSを中心に大きく広がっています。

 

 

日本だけではなく、海外からも心配の声が・・・。

 

 

もしも、東京五輪で気温38℃、もしくはそれ以上の中で行われることになれば、

 

選手にとっては暑さとの戦いになることは確実です。

 

五輪期間の最高気温が「○○℃」!?!?!?

 

 

さて、2020年の夏は、最高気温はどのくらい上がるのでしょうか。

東京オリンピックの開催期間は、

2020年(平成32年)7月24日(金)~8月9日(日)の予定です。

 

今年の最高気温をあてはめると

 

開会式33.9℃

女子マラソン35.1℃

男子マラソンは予想では32.0℃

 

さらに多くの気象関係の方が、

2020年は現在の夏よりさらに厳しくなると予想しています。

 

 

五輪で最も暑さの危険にさらされる競技は

 

「マラソン」

 

マラソンの一般的な適温は10~13℃。

 

そして、気温だけではなく

「アスファルトの照り返し」にも注意が必要です。

 

実は、体感温度は約4~5℃くらいとなっています。

 

女子マラソンが行われる日は、35.1度と予想されているので

約40度前後の気温が、長時間選手たちを襲うわけです。

 

 

とくに外国人選手は湿度に慣れていないため

棄権者が出るのではないでしょうか。

 

夏にこだわるある理由・・・

 

SNSでも話題になっている通り

過ごしやすい季節にできなかったのでしょうか。

 

 

国際オリンピック委員会(IOC)が夏にこだわる理由とは、

「欧米のテレビスケジュールの関係」でそのように決まったそうです。

 

秋にほかのスポーツの世界大会があることから、

時期が重なるのを避けたいという考えからです。

 

今のところ時期を変更するという議論は起きていません。

変更の可能性はかなり低そうです。

 

2020年の夏は、一体どうなってしまうのでしょうか。

 

暖夏ではなく、冷夏にもなりゆるかもしれません。

 

ですが、残念なことに、

異常気象だったり

地球が悲鳴をあげていることには、変わりないようです。

 

 

 

この危険な暑さが生死に関わることであり、対策が重要であります。

屋内屋外問わず、暑い日は無理をせず、

日頃からこまめな水分補給・塩分補給はもちろん

 

規則正しい生活を送れるよう、気をつけていきましょう。

 

【プラスチックストロー】代わりは、ある近未来的なもの。

 

 

 

「プラスチック製のストローを使用している人は古い!」

なんて言われてしまう時代が、そろそろやってきそうです。

 

今、世界的に大問題とされている「プラスチック製品」

なぜそこまでプラスチック製品が、世界的問題になってるか、知っていますか?

 

 

第1章「最悪な負の連鎖」

 

プラスチックが誕生してから現在まで、

地球で排出されたプラスチックゴミの積算量は、なんと50億トン以上。

 

プラスチック製のゴミは、自然分解されず、そのままずっと残り続けます。

そのまま分解されず残り続けると・・・
海がプラスチック製のゴミに「汚染」されてしまいます。

 

 

このプラスチック製品が体や顔に絡まってしまい傷つく海洋生物が存在するんです。

 

また、大きな破片が風や波などの影響により、5ミリ以下のマイクロプラスチックになります、

この小さなプラスチックが動物プランクトンが飲みこみ魚や貝が食べます。

 

その魚や貝を食べるのは私たち ‟人間” です。

 

オーストリアの研究グループは、

ヒトの体内から初めて「マイクロプラスチック」を検出したと発表しています。

人間の体内からおよそ年間で5~60個で、どれくらい食べてしまうと人体に影響でるのかはまだ解明されていません。

 

第2章「世界はもう動き始めています。」

 

 

2018年7月から禁止となったアメリカでは

1日に約5億本のプラスチック製ストローが使われていたそうです。

 

お隣の台湾では2030年までに、プラスチック製のストローだけではなく

コップや食器類など全面的に禁止とする目標まで掲げています。

 

第3章 「あるものが世界を救う。」

 

では、なぜ世界では「ストロー」が多く禁止されているのでしょうか。

当然、プラスチック製品を全て禁止することもできません。

 

しかし、身近にある小さいストローなら‟気軽に始めやすい”のでは・・といった狙いで、

大きなプロジェクトに繋げているそうです。

 

また、近い将来ストローの代わりとして「あるもの」を使用する方向に・・・

 

その「あるもの」の正体とは・・・

 

・食べられるストロー

 

ドリンクを飲んだ後、食べることのできる「LOLISTRAW(ロリストロー)」。

特許出願中の海藻ベースにして、作り出しているそう。

飲み物の中に放置しておいても、溶けてしまわないように設計。

ストロー自体の消費期限は、約2年となっています。
もちろん食べてもおいしいように、フレーバーをつける予定だという。

 

・パスタのストロー

「ブカティーニ」と呼ばれる中がストローのように中空になったパスタを

ストローの代わりに提供しているところがあるそうです。

茹でて食べるパスタですが、冷たい飲料の中では4時間くらいならしっかりとした形を保っているそうです。
コストは一本当たり2~3円。

 

 

今では、身の回りにあるほとんどものが“便利”なものだらけで溢れ返っています。

プラスチック製品もその中の一つともいえますよね。

しかし、プラスチック製品は、水に溶けず環境破壊の一因となっていることは確かです。
今後、ますますプラスチック製品にも制限がかかってくる可能性は高いといえます。

いくら環境のためとはいえ、使い慣れている物を使わないように制限をかけたりなど

便利だった生活から、窮屈な生活に変わってしまいます。

 

 

ひとりひとりの「意識」と「選択」を変えてみる、

たったそれだけでもかならず、あなたの生活に返ってきます。